仮想通貨と暗号通貨、正しくはどっち?

近年ニュースでよく目にする「ビットコイン」
簡単に言うと「暗号通貨」と呼ばれているインターネットのお金です。
しかし日本では「暗号通貨」より「仮想通貨」というワードをよく目にします。

「仮想通貨」と「暗号通貨」これらは、別のもの?どちらかが間違っているのでしょうか?

世界で使われている名称をそのまま翻訳すると…「暗号通貨」

英語圏では、Crypto Currency(クリプトカレンシー)の名で正式に定着しています。
日本語に直訳すると、「Crypto」=「暗号」、「Currency」=「通貨」となります。

そもそも「なぜ仮想通貨と呼ばれるようになったの?」
ビットコインはじめ暗号通貨が登場した当初、日本でも既に普及している電子マネーと同類(バーチャルなお金で、コンピュータ上で取引される手に触れられない通貨)と考えられたために、仮想通貨と呼ばれるようになったといわれています。

結局「仮想通貨」「暗号通貨」どっちを使えばよいの?

海外圏ではcrypto-(暗号の)currency(通貨)の名称で流通していますが、日本では、「仮想通貨」で定着しています。
すでに暗号通貨の意味を持って流通している「仮想通貨」というワードは、間違いとは言えず、暗号通貨≒仮想通貨ととらえても問題ありません。

要点まとめ
海外圏での正式名称をそのまま訳すると「暗号通貨」
日本国内ではビットコインはじめ暗号理論を用いたネット上の通貨=「仮想通貨」として定着しているため、「暗号通貨」≒「仮想通貨」ととらえてOK!

詳しい解説映像