ビットコインの分裂騒動とは?

最近よく聞く、ビットコインの「分裂」とは何なのでしょうか。
暗号通貨(仮想通貨)やビットコインを知る上では、大切なポイントとなりますので、簡単に説明します。

ビットコインに直面した課題

ビットコインは、ブロックチェーンという新しい技術を活用したインターネット上の通貨です。

送金や決済などは、全てブロックチェーンにより処理され、管理されます。

ビットコインの分裂(フォーク)と騒がれることになったきっかけは、このブロックチェーンの処理速度に大きな課題が生まれた事にあります。

ビットコインの処理速度問題とは
ビットコインはブロックチェーンにより処理されている。
ブロックチェーンには一定時間における処理容量が定められている。
多くの人がビットコインを使うようになり、処理容量が追いつかず、送金や決済が非常に遅いという問題が発生した。

処理速度が遅くなったことにより、ビットコインのユーザーにとっては、使い勝手が非常に悪いことになったのです。

また、ブロックチェーンの素早く行うために、手数料も高騰した結果、「誰もが世界中で手軽にお金のやり取りができる」というビットコイン本来の概念が崩壊しかねない状況になりました。

処理速度改善のためのアップデート

ビットコインが普及することにより直面した課題に対して、あらゆる解決策が議論されました。

主要管理者を設けない分散管理で稼働しているため、どのような解決策を行うかは、ビットコインに深く関わるあらゆる人達の議論により模索されました。

その案として生まれていたのが、分裂(フォーク)といわれるように、アップデートした「新たなビットコイン」であり、2017年8月1日にビットコインが分裂して誕生する可能性が生まれていたのです。

分散管理だからこそ生まれた分裂騒動

どこかの会社が運営するサービスなどでは、方針の転換などはその会社が決めます。

しかし、ビットコインは分散管理だからこそ、議論が生まれ、世間で騒がれる事となったのです。

分散管理でなければ、ビットコインの概念は成り立ちません。

私たちの生活にも大きな影響を与えるかもしれないビットコインだからこそ、大切なポイントは知っておきたいですね。

詳しい解説映像