ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンは、ビットコインに導入されている技術として知られています。
しかし、今後においてビットコイン以外にも、様々な分野で活用される可能性が高いことは、あまり知られていません。

そもそも、ブロックチェーンとは何なのか、何がすごい技術なのかを、ビットコインへの活用方法を見ながら簡単に解説してみます。

ブロックチェーンって何の技術?

まず、ブロックチェーンとは、「何かを記録する技術」と覚えておいて下さい。
お金のやり取りの記録であれば、「通帳」が使われています。
通帳は、どこからどこへお金が動いたのかを記録している台帳です。
通帳に記載する情報は、銀行が管理しています。
つまり、銀行に勤める人達が、皆さんの通帳の情報を管理し、記録するという形になっています。
ビットコインにおいては、ブロックチェーンがこの「通帳の仕組み」を果たしていると考えて下さい。
では、ブロックチェーンと通帳の違いはどこにあるのでしょうか。

ブロックチェーン = 分散型台帳技術

ブロックチェーンと通帳の違いは、「管理者」が違うことです。
通帳であれば、管理者は記録を行う「銀行」といえます。
言い換えると、管理者は通帳を発行している「銀行のみ」なのです。
ブロックチェーンの場合、管理者はひとつではありません。
なんと、そのブロックチェーンを利用するユーザー自身が管理者となるのです。
お互いがお互いの情報を管理し、監視することで不正がなくなるという考え方です。
ブロックチェーンを日本語でいうと、「分散型台帳技術」といいます。
「皆で管理者を分散して情報を管理する技術」がブロックチェーンなのです。

ブロックチェーンについては、映像でより詳しくわかりやすく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。